平塚けいじの実績
平塚けいじのイラスト

平塚けいじ実績マップ

4年間で積み上げた実績は、区民相談1000件を超え、区内のカーブミラーの設置11カ所、道路整備20カ所、交通標識の整備11カ所、北沢川緑道・宮前橋の整備など、平塚の実績をわかりすくご紹介します。

映画館イメージ

視聴覚障がい者のために日本映画に日本語字幕

「耳が不自由でも日本映画を楽しみたい」との聴覚障がい者の方の声を聞き、都と国と連携し、法律の改正を実現。マスコミに大きく取り上げられ、現在、一般の公開映画・DVDソフトの人気100作品の半数以上に字幕がつけられています。

 

火災報知器のイメージ写真

高齢者や障がい者の世帯に火災警報器を設置

住宅用火災警報器の設置の義務化に先駆け、区は昨年1年間かけて高齢者世帯、また障がい者と同居世帯に、1世帯あたり2個を無料で設置

「配布ではなく設置をすべき!」との私の提案で実現。設置数は、45000世帯になりました。

平塚けいじの写真

各種委員会の手当を廃止

議会改革の一環として、議員定数の削減に努力してきました。短時間勤務でも報酬を支払っていた「各種委員会手当を廃止」。また、議会の度に議員に支払われてきた交通費などの経費を、定額6000円から実費に変更。その結果、年間約1300万円の経費削減となりました。

子育て応援マンションイメージの写真

「薬物乱用はダメ。ゼッタイ。」ステッカーを5万枚配布

都内屈指の麻薬の密売地といわれる世田谷の薬物取引の撲滅を推進しております。

平塚けいじの写真

世田谷公明党の推進で10年間で区の職員を1000名削減

 

平塚けいじの写真

小学校校庭の芝生化

烏山小学校他3校の校庭芝生化を推進しました。景観改善や子どもたちの屋外活動への意欲の増進だけでなく、ヒートアイランド現象の緩和など環境対策にも効果が期待されます。

子育て応援マンションイメージの写真

全国初の「産後ケアセンター」を開設

近年、児童虐待、産後うつが社会問題となり、産後の子育てに不安を抱えるお母さんが増えています。

2008年3月、世田谷区と武蔵野大学の協働により、全国初となる育児支援施設「産後ケアセンター・桜新町」がオープン。母と子の癒しと安らぎの施設になっています。

子育て応援マンションイメージの写真

都内初の「駅前型子育てステーション」を開設

「利便性のいい駅前に子育て支援施設を」との要望に応え、「あそぶ」「そうだん」「あずかり」「ほいく」の4つの機能を備えた育児支援拠点「子育てステーション」が、成城、烏山、梅丘、三軒茶屋、桜新町の5カ所に設置されました。

平塚けいじ実績マップ


紹介動画