ご挨拶

二期目の挑戦では、直前の3月11日に東日本大震災が起こり、震災直後の混乱のなか皆様の筆舌に尽くせぬご支援をいただき、当選させて頂きました。感謝の思いでいっぱいです。その後、皆様の真心に何としてもお応えしたいと無我夢中で現場を走り、全力投球で皆様のお声を区政に届けてまいりました。 私は、世田谷区を災害に強い安心・安全なまちに、福祉先進のまちに、子供たちがのびのびと成長する教育先進のまちに、緑と空気と水がきれいな環境先進のまちにするため、「公明チーム3000」の一員として、都議会、国会とも積極的に連携して、今後も区政発展のために全身全霊で取り組んで参ります。

これからも皆様のご指導・ご鞭撻、力強いご支援を賜りますようこころよりお願い申し上げます。

平塚けいじの活動報告

12月7日土曜日山崎小学校のそば打ち体験に参加しました。


DSC_0328

12月7日の午前中から行われていた、メンズクラブ主催のそば打ち体験をお手伝いして参りました。この催しは、元々交流学習でお世話になっていた山形県の長沢小学校の保護者の方からそば粉を送って頂き山崎小学校でメンズクラブのお父さんが中心となって子供たちにもそば打ちを体験していただく様になったものです。

続きを読む

第65回人権週間記念 「講演と映画のつどい」に参加しました。


DSC_0326

平成25年12月5日(木曜日)午後1時30分から成城ホールにて行われた、第65回人権週間記念「講演と映画のつどい」に参加しました。

第1部では、講演の部として講師:渡辺 真由子さんによる 「ネットいじめ~逃げられない子どもたちを救うために~」とのお話がありました。内容は現在のネットいじめの手口、それに対する応急処置方法、子供を守る根本解決策などのお話がありました。 続きを読む

都市農業トークライブに参加


DSC_0316

12月1日、午前10時からJA世田谷目黒ファーマーズセンターにおいて行われた「農とのふれあいを語ろう!都市農業トークライブ」に参加致しました。
当日はせたがや育ちの新鮮な野菜の販売もされていて大根やかぶ、ほうれん草なども購入致しました。
続きを読む

注意看板の設置


DSC_0303

地元の婦人部からのご要望で交差点の安全対策を言われていたところ、昨日11月21日に「危険 スピード落とせ 注意」の看板を交差点の電柱と1本手前の電柱に設置していただきました。場所は若林5−24 国士舘の坂を降りて環状7号線に向かうみちです。
続きを読む

「防火のつどい」に参加


IMG_0676

11月12日、平成25年度秋の火災予防運動の一環として、世田谷区民会館にて行われた、世田谷消防署主催の「防火のつどい」に参加いたしました。
14時からは火災予防功労者表彰があり、15時からは萩本欽一さんの防火防災講演としてトークショーが行われました。
続きを読む

第3回定例会にて一般質問いたしました


0200

区議会本会議2日目に、一般質問で登壇。

内容は、
1)租税教育について
・義務教育における租税教育環境を更に推進せよ。
2)街路灯LED化のリース方式による一括推進について
・一括リース方式を活用することでコストパフォーマンスを向上させよ。
3)「財政の見える化」を進める新公会計制度の推進について
・固定資産の根幹に係る道路や公園などの地籍調査を進めよ。

続きを読む

第7回都市農地保全自治体フォーラムに参加


0607

7月6日、仙台からの帰りに新宿の東京都庁で行われた、第7回都市農地保全自治体フォーラムに参加いたしました。

このフォーラムは都内38の都市農地のある自治体が団結して保全に向けて取り組んでいるものです。

都市農地は、安全で新鮮な農産物を食卓に届けるとともに、ヒートアイランド現象の緩和や緑豊かな都市景観の保全、さらに都市住民が農に触れ合う場を提供するなど、様々な役割を担っています。しかし都市農地は、都内だけでもこの10年で、約1020ha(東京ドーム約217個分)減少しています。

続きを読む

仙台に移動し、復興に頑張っている企業の視察


h1

5日の秋田での視察を終えて、高橋幹事長、風間議員、議会事務局2名と共に仙台に移動して復興に頑張っている企業の視察をさせていただきました。

ファミリアの社長である島田昌幸氏は、東日本大震災の翌日から、被災地での炊き出しを続けて、その数は3万食になったそうです。

また全国・世界から多くの支援を受けて、東北に今できることは何かを考えたときこの経験で得た教訓を未来につなぐとともに、ひとつの事業を始めることを決断され、「Roku Farm ATALATA]を計画され、今年9月のオープンに向けて準備をされていました。

続きを読む

秋田市の教育委員会から秋田市の学力向上に係る取り組みについて伺う


0594

2日目の青森を後にして、秋田に移動し、
3日目は、朝から秋田市役所を訪問して秋田市の教育委員会から秋田市の学力向上に係る取り組みについて伺いました。

秋田市の学校数は、小学校45校、中学校24校、児童自立施設内学校1校(内 小中各1校)、高校2校、専修学校1校です。

児童生徒数は、約23000人(小学生15000人、中学生8000人)
教職員数は、1500人(小学校900人、中学校600人非常勤講師は除く)
指導主事数は、15名、
秋田市の学力向上に係る取り組みについては4点ありました。

続きを読む

青森県総合社会教育センターにて「地域の力で夢を育む教育支援プラットフォーム事業」


IMG_0584

1日目の盛岡を後にして、青森に移動し、7月4日は朝から青森県総合社会教育センターにて「地域の力で夢を育む教育支援プラットフォーム事業」を視察させて頂きました。

この事業は、文部科学省委託共同研究調査「教育支援プラットフォームの構築に関する調査研究」(平成22~23年度)・企業・NPO等による教育活動の支援について実践的な調査研究

第9期青森県生涯学習審議会の提言(平成22年7月)・学校と企業・NPO等を結ぶ仕組みを構築して、学校・家庭・地域が連携した様々な学びの場や体験学習の機会の充実に取り組む必要がある。

をふまえて平成24年度から県の重点事業として始めた事業であり、

具体的な施策としては、「縦の連携」による取り組みとして小・中・高等学校の連携により培いたい資質、能力、態度について、体系性と継続性のある指導がなされることを目指す。

「横の連携」による取り組みとしては、学校・家庭・地域の連携により、地域や家庭におけるキャリア教育の啓発と、多様な人との関わりや実体験を伴う学習機会の拡充を図るものです。
続きを読む

3 / 41234

平塚けいじ実績マップ


紹介動画